心理カウンセラー|資格の取得期間はどれくらい?

例えば、臨床心理士となるためには、大学で心理学関連の36単位を修めて卒業後、指定の大学院を修了することが必要です。つまり、大学入学から6年間にわたって専門分野を学び、臨床実務を行い、その上で資格の認定試験に合格しなければなりません。

 

一方、他の心理カウンセラーの資格期間は、臨床心理士ほどの敷居の高さはなく、はるかに短くなっており、ばらつきはありますが、数カ月〜1年と、短期間の資格取得が可能です。

 

例えば、通学講座では、次のような期間となっています。

 

◇ヒューマンアカデミーの主なコース、「NLPプラクティショナー」と「NLPマスタープラクティショナー」の受講期間は、それぞれ3カ月。修了者は、申請すると、前者には米国NLP協会による「NLPプラクティショナー認定書」、後者には、「NLPマスタープラクティショナー認定書」が与えられます。

 

◇TERADA医療福祉カレッジでは、「メンタルケア心理専門士」を目指します。初心者向けコース(3週間)からスタートし、続いて「ファンデーションコース」(4カ月)と段階的に学び、最後に受験対策も兼ねる「プロフェッショナルコース」までの3つのコースがあります。

 

「プロフェッショナルコース」では、演習を含めた23回の授業があり(期間不明)、さらにメンタルケア心理専門士の受験対策講座もあります。

 

通信講座では、次のとおりです。

 

◇LEC東京リーガルマインド「メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士ダブル取得コース」の受講期間は1年。

 

◇キャリアカレッジジャパン「メンタル総合心理W資格取得講座」は、最短4カ月で、「メンタル心理カウンセラー」&「上級心理カウンセラー」の2講座修了。前出の2つの資格(財・日本能力開発推進協会認定)の取得を目指します。

 

◇ヒューマンアカデミー「メンタルケア心理士」では、心理カウンセリングの基礎から、臨床心理学に基づくカウンセリングまで学びます。

 

このほかに「准ケアストレスカウンセラー」「高齢者ケアストレスカウンセラー」「青少年ケアストレスカウンセラー」「企業中間管理職ケアストレスカウンセラー」などがあります。

 

標準学習期間は、3カ月〜4カ月ですが、その2倍の期間の在籍が可能。受講料は、34000円〜48000円(税込)となっています。これから受講を考えている方は、参考にしてみて下さい。